Hair salon

ヘアメイクの専門学校がベスト|第一線で活躍するには

スタイリストを目指すには

仕事の幅が広がる

マネキン

一般的な東京のスタイリストは、高校卒業後東京にある服飾専門学校に通い、スタイリスト事務所やフリーランスのアシスタントとして就職します。
アシスタントを約3年で卒業した後は、スタイリスト事務所に所属し事務所が請け負う仕事をこなすか、フリーランスになって営業をするかのどちらかを選ぶ人が多いです。
スタイリストという名前の資格は存在しないので、転職してスタイリストになる人が多いのもこの職業の特徴です。
しかしどのような人でも、服飾専門学校を目指します。
実はアシスタントの求人はあまり無いので、何もツテが無ければネット検索や雑誌のみを頼って探さなければいけません。
電話までこぎつけても、「服飾専門学校の卒業者でないと採用しません」と断られてしまうケースもあるのです。
そのため、業界のツテ作りや就職を有利にするために専門学校を利用します。
もちろんそれだけでは無いです。
東京の服飾専門学校ではコーディネートだけでなく、服に関する様々な勉強ができます。
実際に服を作り、ブランドの生地やアイテムの形などを学ぶことによって、スタイリストとしての視野が広がります。
これはなってから勉強するのは難しいので、服飾専門学校ならではと言えます。
また、美容師の受験資格が得られる学校も東京で開校しています。
美容師資格を持っていると、スタイリングに加えてヘアメイクも担当することができます。
仕事の幅が広がりますし、フリーランスを考えている人にとっては大きな武器になり得るでしょう。

一般入試が特徴的

洋服

服飾専門学校と聞くと、服をデザインするデザイナーや型紙を作るパタンナーを育成する学校だと思うかもしれません。
しかし実はそれだけではなく、東京ではファッションコーディネーターのようなアパレル系企業の営業、商品開発を担う職業への教育も充実しています。
大抵目指す職業ごとに科(コース)が決まっており、それぞれに合った専門的な教育を受けます。
例えばパタンナー科では服の型紙を制作する研修があり、コーディネーター科では実際に商品を企画します。
しかし、きっちり科が分かれている訳ではなく、科が合同になって一つの作品を作る実習も設けられています。
東京にある服飾専門学校の学費は年間50〜120万円程で、通学期間は2、3年程です。
一般入試の内容は大学とは違い、学力感覚テスト・(又はどちらか1つ)・作文・面接で合否を判定します。
学力テストは大学に比べて簡単で、高校の勉強をしっかり行っていれば問題ないです。
感覚テストとは感性や感覚を問うテストで、言葉からイメージできる色を塗ったり、絵を描いたりします。
色鉛筆で描くので色鉛筆の感触に慣れておくのが好ましいです。
表現できれば良いので難しく考える必要はありませんが、不安な人は合格者の作品を見ておきましょう。
服飾専門学校のHPやパンフレットに載っていますし、東京の学校祭でよく展示されます。
面接は志望動機や将来に関する質問されるので、自分の意見をまとめておくとプラスになります。
東京の服飾専門学校らしい質問、例えば制服のアピールポイントなどを聞かれることもあるので、雑誌を読んで自分のファッションイメージを固めておくと効果的でしょう。

好きなものを得意にする

ウーマン

手先が器用で裁縫が得意な人は、それを活かした職業に就いた方がいいかもしれません。
さらに、服飾専門学校に通って服飾系の会社に就職しましょう。
東京には服飾専門学校がたくさんあるので、コース内容などを確認した上で選択することをお勧めします。
もちろん、単純に洋服が好きな人なども東京の服飾専門学校に通うことは可能です。
専門学校に通うことで世界観が広がることもあり、もっと明確な将来の夢ができるかもしれません。
全体的に、服飾専門学校に通う人の進路先はファッションデザイナーやスタイリストといったファッション系の職種になっています。
このような職種に興味を持っている人こそ、通ってみる価値があります。
また、好きなことを得意にできれば、仕事も楽に感じられるはずです。
東京の服飾専門学校では基礎から学べるようになっているので、これまで独学知識だった人でもしっかりと学ぶことができます。
場合によっては資格が必要になる職種もあるため、将来のことを考えていろいろと吟味してみましょう。
それから、東京の服飾専門学校には現役のデザイナーやスタイリストなどが講師としてやって来ることもあります。
有名な人に教わることも可能です。
そんなメリットもあるため、知名度が高く、実績のある学校を選択しましょう。
それに、服飾専門学校では自身がデザインした洋服を披露するなど、ファッションショーの機会を設けることもあります。
お披露目することで、より独創性なども出てくるはずです。

ネイリストになるまでの道

手

ネイルスクールの中にはホームサロンの開業をサポートしてくれる場所があります。名古屋でそうしたスクールに入学すれば、広告宣伝まで指導してもらえるのです。また授業料は自分に合った支払い方法が用意されているか調べてみましょう。

もっと読む

スタイリストを目指すには

マネキン

実はスタイリストアシスタントの求人は少ないのです。そのため業界のツテ作りや就職を有利にしようと、東京の服飾専門学校に通う人は多数います。また、通学すると服に関する勉強をして視野を広げたり、美容師の資格を得て仕事の幅を増やしたりできます。これらの点から、服飾専門学校は人気があるのです。

もっと読む

笑顔を作る仕事

メイクアップ

人のキレイを支える仕事として美容業界は人気です。喜んでもらえて人の為になる仕事だからです。笑顔の為には確かな技術と自信が必要です。だからこそ総合的に学べる美容専門学校を、卒業してから業界に入る人が多いのです。

もっと読む